FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

映画 「運命を分けたザイル2」

DVDで「運命を分けたザイル2」を観ました


main_visual.jpg


前作「運命を分けたザイル」では
原作著者のジョー・シンプソンが、ペルーアンデス山脈での遭難から“奇跡的な生還”を果たした実体験を映画化したものです


今回の“2”では
歴史上の登山家トニー・クルツアイガー北壁(スイスアルプス)における遭難事故を、自ら同じルートを辿りながら、遭難の検証をする映画になっています


- あらすじ -
1936年、トニー・クルツらドイツの登山隊は、前人未踏のアイガー北壁に挑む
しかし、トラバース(岩壁の横移動)した際に帰りの事を考えずにザイルを回収してしまった
そのミスが要因で、行きと同じルートで帰る事が不可能となる

そのたった一つの過ちが自分らの命を左右する結果に。。




誰もが自分の人生において、決断選択を迫られますよね

例えば「晩ご飯は何にしようかしら~?」・・・くらいならいいんですが^^;


もし
その決断と選択が、自分のに関わるものだとしたらミスは許されません!


しかし「登頂する」ことしか考えてないとしたら、冷静な判断はできないのも頷けます

心身ともに極限状態の中、
さらに「世界初登頂」を成し遂げたいとい思いもあり、そこには見えないがあったのでしょうか




ちなみにこのアイガーを舞台にした惨劇は、フィリップ・シュテルツェル監督によって
アイガー北壁というタイトルで近年映画化されました


top2.jpg


・・・この映画も観たいです(かなり重い映画らしいけど^^;)
関連記事
スポンサーサイト
2010-05-20(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-05-20 14:17 |  |    [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-05-20 16:19 |  |    [ 編集 ]

No title 

重そうですね。

ポスターの写真を見ただけでも胸が苦しくなりそうです。。

なんか、山の写真みると、胸キュンになります。

「神々の山嶺」っていう本のどっかに「泣きたくなるような山がある」みたいなフレーズがあったと思うんですが、山の写真を見ると私も胸キュンになり、泣きたくなるような感じになってしまいます。

変態的ですいません!
2010-05-20 18:18 | gmiyaka4 | URL   [ 編集 ]

>gmiyaka4 さん 

胸キュン・・泣きたくなる・・解かるような気もします^^;

ボクの場合、長い道のりの末に槍ヶ岳が見えた瞬間”雄たけび”をあげます!

一応、周りに人が居ないことを確認してから(笑
2010-05-20 21:43 | らいちょう | URL   [ 編集 ]

No title 

らいちょうさんの“雄たけび”面白そ^^
2010-05-20 22:13 | 向日葵 | URL   [ 編集 ]

>向日葵さん 

雄たけびは“レーザー○モンHG”をイメージして下さい^^;

・・・最近TV出てる?(笑
2010-05-21 06:07 | らいちょう | URL   [ 編集 ]

プロフィール

らいちょうⅢ

Author:らいちょうⅢ
いらっしゃいませ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

名古屋グランパスを応援しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。